過去の記事(コーヒー関係)

【1】タイの栽培地  1.品種、2.それぞれの特徴が

Ⅱ.それぞれの特徴が

タイの産地を回りましたが、大きく分けて1.果樹園と共存で平地的 2.昔森林の木が伐採された地域、焼き畑が行われていた地域 3.昔から木が生い茂る密林とふもとの地域 に分かれるようです。それぞれの地域のコーヒーを試して見ましたが、主観的ですがそれぞれの共通した特徴があるようです。

1.果樹園と共存で平地

オレンジ畑

平地オレンジ畑

ライチ畑

平地-ライチ

2.昔森林の木が伐採された地域(森林が若い)

山岳地域 低木、若木-ドイチャン

乾地低木―国民

山岳地域 低木、若木-国境

やや森林地帯

中間地 サル

森林地域-

山岳地域 低木、若木-村長

Ⅰ.栽培地

タイ北部のコーヒー栽培地は、平地地域600m位~山岳地域1800m位のようです。(1700mの栽培地までは行きましたが、1800mはお目にかからず、今回ようやく栽培している方と知り合いましたが、自分の車では行けず、また時間がなく断念、豆だけ無理やり購入来年農園を案内していただくことに。)

ちなみに、タイで一番高い山はDoi Inthanon 2590mで、そのほかDoi Chiang Dao 2175m,Doi Pha Hom Pok 2285m,Doi Mae Tho 2031mがあります。

2.栽培の品種類

品種は、カティモールが主で、チェンマイ大学の先生に聞くとカティモールを大学で推奨しているので、カティモールがやはり多いようです。

他にティピカ、カトゥーラ、ブルボンなどが栽培されているようですが、ほとんどがカティモール、ティピカ、カトゥーラの混合栽培で、管理されている農園でカティモールだけのところがありました。

最近の若い人は栽培品種も知っていますが、最初聞いたときはコーヒーの木とか、アラビカくらいの返事でしたが、そんなもんですね。

次回は高低

ページトップへ