過去の記事(紀行)

 コーヒー生産地めぐり  2. ライチ畑 1.-ドイチャン Ⅰ・最初は山岳地域へ

【 コーヒー生産地めぐり 】

コーヒー生産地めぐり ー 訪れた場所を随時紹介していきます。

2.ライチ畑

チェンライのファンの近くで、ライチの農園を経営している村長さんのお宅に伺いました。
この地域は,タイでは北部でしか採れないライチの一大産地で、タイのライチは、中国産よりみずみずしくておいしいです。
平地-ライチ
この農園では、ライチとコーヒーの木が共に植えられていて、近い将来大きなコーヒー農園にもなりそうです。
また、ライチの木がコーヒーの味にどのように影響するのか、楽しみでもあります。
ライチの木
ライチ
ライチ
この農園の精製処理は、果肉除去と同時にヌメリを発酵させずにモーターで強制洗浄する方法でした。
ただ、一度水に浮かせて悪い豆を取り除いてから、処理しないと後の選別作業が大変なのと、青豆もほとんど果肉が除去されるようです。

1.ドイチャン アカ族、リス族の村

ドイチャンの尾根を走って

ドイチャン

ドイチャン

アカ族のコーヒー処理場

王室プロジェクトでコーヒー処理場は、整備されていました。

ドイチャン

ドイチャン

リス族のコーヒー処理場

右手奥に見えるのがリス族の村です。

5000人位いるとか言ってましたので、結構大きな村でした。

ドイチャン リス

ドイチャン リス

ドイチャン リス

ドイチャン リス

ドイチャン リス

このまま売るとか、選別は余り良くないです。

(タイでは普通と言えば普通ですが。)

ドイチャン リス

Ⅰ・最初は山岳地域へ

タイでコーヒーの栽培地を最初に訪問したのが、ドイチャンの山の尾根を走り続けて到着したアカ族の地域(カフェとお土産のお店があるので、多くの人が訪れた事があるのでは)と、リス族の村(5,000人位と聞きました。)で、精製場の工場長がとても良い人だった思い出があります。

ここを皮切りに、土地探しと10数か所の産地めぐりがスタートします。

  • 2017.07.04
  • 13:38

山岳風景

国民党村国民党村wawaiwawiwawi              ミヤンマーの村 ミャンマー国境村メーカンポン             タイとミャンマーの国境山岳の村 国境国境国境

ページトップへ